【Webセミナー】いま製造業のSAPユーザが取り組むべき利益創出のための原価分析とは~原価高騰時代を勝ち抜くための原価DXを徹底解説!~

日程:2024年6月25日(火) ~27日(木)

開催趣旨

昨今、「原材料調達価格の上昇」「燃料費の上昇」「急激な為替変動」のような外部環境の変化が連日のように報道されています。
実際、これらの急激な外部環境変化が自社製品の製造原価に与える影響を、どれほど正確に把握できているでしょうか?
SAP ERPは標準原価をベースとしており、財務会計目的としては適しておりますが、コストダウン、販売価格・収益性の評価、経営の意思決定といった管理会計目的での利用には限界があります。
そこで、本セミナーでは事例を交えながら利益創出のための原価分析どう取り組むべきか解説します。

開催概要

  • タイトル:いま製造業のSAPユーザが取り組むべき利益創出のための原価分析とは~原価高騰時代を勝ち抜くための原価DXを徹底解説!~
  • 開催期間:2024年6月25日(火)-6月27日(木)
  • 会場:オンライン開催 =お申し込みページはこちら
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 主催:株式会社電通総研

講演概要

セッション1

製造業が取り組むべき利益創出のための管理原価事例ご紹介

<講演内容>
本セッションでは、管理原価の概要及びSAP原価計算の限界を解説した上で、効果的な原価分析を行うための方法や効果を弊社事例を交えながらご紹介します。

<登壇者>
株式会社電通総研
エンタープライズIT事業部 データマネジメントコンサルティング2部
ERPデータソリューショングループ
プロジェクトディレクター 高谷 潤

セッション2

製造業に必要な品目別実際原価の算出を実現「ADISIGHT-ACS」ご紹介

<講演内容>
本セッションでは、品目別実際原価が必要な理由を解説のうえ、その実現手段としてISID独自製品「ADISIGHT-ACS」をご紹介します。  *「ADISIGHT-ACS」は、SAPの外部に抽出した生産/購買/会計データを用いて品目別実際原価を算出することで、「コストダウン」「販売価格検討」「原価の予実管理」「選択と集中」などの経営判断にお役立ていただけるソリューションです。

<登壇者>
株式会社電通総研
エンタープライズIT事業部 データマネジメントコンサルティング2部
ERPデータソリューショングループ
シニアコンサルタント 肥後 周太

お申し込み

セミナーお申込みは以下のボタンをクリックのうえ、専用のランディングページからご参加登録ください。
※競合製品をお取り扱いされている企業様はご参加をお断りする場合がございます。
※その他、主催者の判断で参加に相応しくない方は、参加をお断りする場合がございます。何卒ご了承ください。